外貨預金と為替リスク

外貨預金は解約時の為替レートが預入日より円高になっていると為替差損が生じます。

ならば預入日より円安が進んだ時点で満期を待たずに解約して、
円での儲けを確定してしまえばいいというのがリスク解散方法です。

これなら「円高になったらどうしよう」などと
満期時の為替相場をやきもきしながら待つ必要もありません。

ただし、この方法を行うには預け入れた銀行で
外貨預金の中途解約を認めていないと話になりません。

中途解約

たとえば、人気のシティバンクは中途解約を認めていません。

東京三菱銀行は手数料無しで自由に中途解約ができますが、
解約時に普通預金金利が適用になります。金利がガタッと低くなるわけです。

この他銀行によっては、1ドルにつき1円の解約手数料を微収するところもあります。

解約手数料がかからない場合、米ドル1万ドルを買って3ヶ月定期に預けたとしても、
為替が5円安くなった時点で途中解約すれば、普通預金金利が適用されても5万円の利益が出ます。

中途解約ができるかどうかは取引金融機関によって対応が異なります。

キャッシング比較でパーフェクトな返済計画を!

利用額を重視したり、審査や振込までのスピードを重視したり、
キャッシングユーザーの訴求はさまざまです。

でも、借り入れの比較では低金利ローンを軸にした
金利重視の比べ方が賢いやり方であり、返済計画もスムーズです。

低金利融資のローンは、毎月の返済額を抑えることができるほか、
支払総額を高利商品と比べると、目玉がでるほどお得感でいっぱい。。。

お薦めは、アイフル・プロミスなどの消費者金融系ローン。

  • 銀行系で審査時間も短く
  • 融資額も300万円