クレジットカードの支払

クレジットカードの支払い方法にはいくつかの種類があります。

代表的なものとしては、一括払いです。マンスリークリアともいいますが、
カードで買い物した後で、25から最長で57日間は支払を猶予されるという仕組みです。

カード決済の90%近くがこの一括払いを利用していると言いますから、
まさに主流の支払い方法です。

分割払いとリボルビング払い

この他には、分割払いとリボルビング払いがあります。
分割払いは買い物代金を3回、6回、15回など月ごとに分けて支払う方法を言います。
カード利用ごとに支払回数を指定できるのが特長で、金利は支払い回数に応じてつきます。

メリットとしては、支払回数をその都度決めるので、
支払終了時期を把握しやすく、支払が長引きません。

デメリットとしては、分割払いで複数の買い物をすると、
買い物毎に支払が重なるため、返済に苦労します。

分割払いの負担

例えば、分割払いで10万円の買い物をして1万円の支払が発生した場合、
新たに分割払いで20万円の買い物をして2万円の支払が必要になれば、
翌々月には3万円を支払わなければならなくなります。

結構な負担です。

借入商品にもリボ払いが登場

さて、定額支払い型リボ払いのカードローンがいよいよ主流になってきましたが、
思わぬ落とし穴があります。

低金利融資ローンの場合でも、一定額しか支払わなくてよいわけですから、
あまりにも低い設定をしてしまうと元金が減りません。

それどころか、残債にはキッチリ利息が加算されますから、
いくら低金利ローンとはいえ、リボ払いを侮ってはいけません。。。

定額リボは、ある程度の額を毎月返済すればメリットは大きくなるのです。
お薦めはモビット。銀行系でスピード審査が特徴です。