カテゴリー
未分類

光脱毛はレーザーより出力が低い?

光脱毛はレーザーより光線の出力が低く、負荷の少ない方法ですが、なかには施術ができない人もいますので、注意が必要です。
まず、ムダ毛を「抜く」方法できれいにしてしまった方は、光脱毛のライトが反応する部分がないため施術できません。妊娠中の方はストレスを避けるために、光アレルギーの方は光脱毛で照射するライトそのものがストレスになってしまうために、施術が受けられません。
すでにダメージを受けている肌の場合も施術が受けられませんので、日焼けとか、湿疹やメイクかぶれなど、肌の状態が良くない人も断られてしまうことがあります。
毎日自転車に乗っているなど日常的な日焼けの場合は炎症を伴わないで大丈夫だったりしますので、肌の状態が心配な方は、サロンに聞いてみてください。

カウンセリング時に説明を受けるとは思いますが、持病のある方や服薬中の方はきちんと申告しましょう。
また、かかりつけの医師に相談してください。
高価格な脱毛サロンや低価格のサロンなど様々が店がありますが、嘘でしょ?!と思うほど安い脱毛料金はどうしてそんな料金でやっているのか、一旦立ち止まって考えた方が失敗しなくてすむかもしれません。

チラシや広告を配っていないとか、脱毛機器メーカーが直接お店をしているとか、自分で納得できればすっきりしますよね。

しかし、調べてもなぜ安いかわからない脱毛サロンは損をした気分になるような脱毛結果になったり、次にお店に行く日を決めにくかったりするのです。

施術を受ける毎に支払いをする、都度払いが可能な脱毛サロンも出てきました。前払いの必要がなく、ローンを組まなくていい手軽さがありますし、何かしらの理由でサロンに通うのが嫌になったらお金のことを気にせずにやめてしまえるので使い勝手のよいシステムです。

ただし都度払いは割高料金になるのが普通です。多少なりとも費用の節約を考えるなら都度払いはやめておいた方が無難かもしれません。光脱毛の施術方式はいくつかあると考えられており、脱毛を行う施設によって脱毛効果には差があると考えられています。

そして、肌の受けるダメージは方法によって差が大きいので、光脱毛は、すべて横並びではないためはじめに比べてみたほうが良いです。

聞いてみたいことがある時にはカウンセリングを利用して質問した方が良いです。対応がずさんなサロンなどは施術を受けない方が良いでしょう。
地道に毛抜きを使って脱毛していたとしても、時間も労力もたっぷりかかるのに、肌を傷つけるので要注意です。それが引き起こすものには埋没毛や炎症などの嫌な肌トラブルがありますから、もしそれが嫌ならば、別のやり方で脱毛する方が肌トラブル回避の近道になるでしょう。でも、やっぱり毛抜きが一番、というあなたには、体温の上がるお風呂で毛穴を開かせた上で、清潔な毛抜きを使い、忘れずに保湿することが重要です。
小さなお子さんがいても脱毛サロンを利用したいという人が多いと思われますが、しかし実際は子連れで通えるお店というのはなかなか無いようで、ガッカリされるかもしれません。

ですけれど、個人経営の脱毛サロンに問い合わせてみると案外あっさり施術を引き受けてくれることもあるでしょう。

通常は小さい子供を連れてサロンに来店する行為は、他の利用客の立場からは迷惑なことになりますし、またお子さん自身にとっては危険の多い場所ですから、大手サロンにおいては単なるカウンセリングを受けることもできず、要するにシャットアウトされる場合が多いです。
門前払いも双方に辛いものがありますから、子連れで来店していいかどうか事前に電話で問い合わせをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です