銀行引落返済

カードローンなどの返済を自動引き落としにする場合、その手続きは契約時に行います。
当然口座を必要としますので、引き落とし用の口座をご用意ください。

キャッシング会社によっては、指定の銀行口座が必要とされる場合もありますが、
アットローンやキャッシュワン、モビットなどの銀行系カードローンは、
申込時に銀行口座がなくても申込は可能です。

新規の契約手続きに関しても言えることですが、最近では、ほとんどのキャッシングにおいて、
店頭窓口やATMに足を運ばなくても、24時間いつでも返済手続き可能となっています。

インターネットを利用した返済

インターネットの返済なら、パソコンやケータイから銀行振込み手続きができます。
土日、祝日、金融機関営業時間外でも、処理が完了するので大変便利となっています。

お店に入るところを見られたら困る、人と接するのは苦手、忙しくてお店に足を運べない、
近所にATMがない、銀行なら近くにあるのだけど…。

何かの理由で振込返済が難しい月でも、自前のPCによって、
インターネット手続きによる口座引き落としはおススメです。

口座に入金さえしておけば、返済を忘れることもありませんし、
給与が振り込まれる口座を引き落とし口座に指定できれば最良の選択と思われます。

振込返済のみの金融業者もある

ただし、注意する点があります。

貸金業者全てが銀行口座引き落としのサービスをやっているわけではないという点です。
銀行口座引き落としを希望する場合は、事前に確認しましょう。

カードローンのご利用は金利重視で!


どこからでも、誰でも借り入れる時代では、
ローンの商品選びがその後のライフワークに大きく影響するケースがあります。

特に長期の借り入れでは、返済期間中に毎月残る残債にも利息が発生しますので、
返済額や利息のバランスによっては、元金が減らないと言った現象が起きてしまいます。
そこで長期で大型融資を希望する方にお薦めなのが、楽天銀行のカードローン。

スーパーローンという商品は利用コースを50万円ごとに選択可能で、
最高500万円までを年4.9%~14.5%の利率で借り入れが可能。

使途も自由ですから、家庭の各種イベントで入り用の場合でも
それに合わせてご利用いただけます。

クレジットカードの支払

クレジットカードの支払い方法にはいくつかの種類があります。

代表的なものとしては、一括払いです。マンスリークリアともいいますが、
カードで買い物した後で、25から最長で57日間は支払を猶予されるという仕組みです。

カード決済の90%近くがこの一括払いを利用していると言いますから、
まさに主流の支払い方法です。

分割払いとリボルビング払い

この他には、分割払いとリボルビング払いがあります。
分割払いは買い物代金を3回、6回、15回など月ごとに分けて支払う方法を言います。
カード利用ごとに支払回数を指定できるのが特長で、金利は支払い回数に応じてつきます。

メリットとしては、支払回数をその都度決めるので、
支払終了時期を把握しやすく、支払が長引きません。

デメリットとしては、分割払いで複数の買い物をすると、
買い物毎に支払が重なるため、返済に苦労します。

分割払いの負担

例えば、分割払いで10万円の買い物をして1万円の支払が発生した場合、
新たに分割払いで20万円の買い物をして2万円の支払が必要になれば、
翌々月には3万円を支払わなければならなくなります。

結構な負担です。

借入商品にもリボ払いが登場

さて、定額支払い型リボ払いのカードローンがいよいよ主流になってきましたが、
思わぬ落とし穴があります。

低金利融資ローンの場合でも、一定額しか支払わなくてよいわけですから、
あまりにも低い設定をしてしまうと元金が減りません。

それどころか、残債にはキッチリ利息が加算されますから、
いくら低金利ローンとはいえ、リボ払いを侮ってはいけません。。。

定額リボは、ある程度の額を毎月返済すればメリットは大きくなるのです。
お薦めはモビット。銀行系でスピード審査が特徴です。

窓口相談か無人契約か

消費者金融でお金を借りる場合、一番消極的になるのが、
申込などの対面する場面という方も多いでしょう。

そういう方が多勢ということからできたのが、無人(自動)契約機。

自動契約機は、今では融資の申込手法として当然のようになっており、
消費者金融の代名詞的な存在ともいえるほど利用者が増えました。

消費者金融大手では

アコムや武富士、アイフル、プロミス、レイクといった大手が先駆けとなり、
現在ではモビットやアットローンなど、銀行系でも自動契約ができる体制になっています。

自動契約機の利点は人と対面することなく、申し込み手続きができるということ。

キャッシングになんとなく恥ずかしい気持ちになる利用者が多いようですが、
そのため自動契約機を使って申し込む人は少なくありません。

簡単な手続で

自動契約機による手続きは、至極簡単で、画面の表示にしたがって進めるれば、
はじめての方でもスムーズに事が運びます。

最初に申込書の記入おして、必要事項を記入し終わったら、
画面の指示にしたがって手持ちの書類をスキャナにかけます。

申込書のあとは、本人確認のための書類をスキャン。スキャンした画像は、
オペレーターの元に送られ、審査がはじまります。

その後オペレーターから備え付けの電話によって連絡があり、
申し込み内容の確認等がおこなわれます。

申込書の記入方法など、不明な点があれば、
備え付けの電話でオペレーターに質問することもできます。

待ち時間も短めです

その後審査のためにしばらく待つことになり、
この間に電話番号の確認などがおこなわれます。

審査が終わって、カードを発行しても大丈夫だと判断されれば、
カードを手に入れることができます。

無人の本当の意味

ちなみに自動契約機は無人契約機といわれることもありますが、
「無人」なのはあくまでも室内だけです。

自動契約機がある部屋には監視カメラが設置されており、
オペレーターに見られています。

「無人」だからといって不振な行動をとると、審査の結果に影響する可能性もあるので、
注意してください。

また、融資商品を選ぶ前に、しっかりとした キャッシング比較を行い、
自分にあった無理のない返済計画をたててから申し込みしましょう。

金利をガッチリ理解しよう

金利にはお金を貸した人が、借りてから受け取ってもいい利息の上限を定めている法律があります。
「利息制限法」と「出資法(出資の受け入れ、預かり金及び金利等の取り締まりに関する法律)」があり、
この2つの法律で金利の上限が守られています。

借入金額によって金利の上限を次のように決められています。。

▼利息制限法の上限金利▼

  • 元本が10万円円未満の場合 年20%(2割)
  • 元本が10万円以上100万円円未満の場合 年18%(1割8分)
  • 元本が100万円円以上の場合 年15%(1割5分)

▼出資法の上限金利▼

年利29.2%を超えてお金を貸すことを禁じている法律。

グレーゾーン金利

実は、これも守らなくても罰則規定はありません。
が、各法律の定める上限金利を超える部分の利息を支払った場合、
その部分は元本に算入されます。

そして2つの法律(利息制限法と出資法)の間に挟まれている金利をグレーゾーン金利といい、
貸金業規制法の改定によりこのグレーゾーン金利の撤廃が決定しています。

キャッシングやローンの貸付利息、クレジットカードの手数料が
この規制の対象になりますので、申込の際に必ず確認しましょう。

キャッシングは銀行系で

即日融資で利息が安い 低金利ローンといえば、、、
三菱東京UFJモビット。審査10秒でスピード回答。

三菱東京UFJグループのDCキャッシュワン。
カードデリで素早く融資。
利息も引き下げて、さらにお得になりました。

三井住友銀行グループのアットローンは、ビジネスマンにお薦め!

外貨預金と為替リスク

外貨預金は解約時の為替レートが預入日より円高になっていると為替差損が生じます。

ならば預入日より円安が進んだ時点で満期を待たずに解約して、
円での儲けを確定してしまえばいいというのがリスク解散方法です。

これなら「円高になったらどうしよう」などと
満期時の為替相場をやきもきしながら待つ必要もありません。

ただし、この方法を行うには預け入れた銀行で
外貨預金の中途解約を認めていないと話になりません。

中途解約

たとえば、人気のシティバンクは中途解約を認めていません。

東京三菱銀行は手数料無しで自由に中途解約ができますが、
解約時に普通預金金利が適用になります。金利がガタッと低くなるわけです。

この他銀行によっては、1ドルにつき1円の解約手数料を微収するところもあります。

解約手数料がかからない場合、米ドル1万ドルを買って3ヶ月定期に預けたとしても、
為替が5円安くなった時点で途中解約すれば、普通預金金利が適用されても5万円の利益が出ます。

中途解約ができるかどうかは取引金融機関によって対応が異なります。

キャッシング比較でパーフェクトな返済計画を!

利用額を重視したり、審査や振込までのスピードを重視したり、
キャッシングユーザーの訴求はさまざまです。

でも、借り入れの比較では低金利ローンを軸にした
金利重視の比べ方が賢いやり方であり、返済計画もスムーズです。

低金利融資のローンは、毎月の返済額を抑えることができるほか、
支払総額を高利商品と比べると、目玉がでるほどお得感でいっぱい。。。

お薦めは、アイフル・プロミスなどの消費者金融系ローン。

  • 銀行系で審査時間も短く
  • 融資額も300万円